2005.01.08

ミカケル:2004年総括

2004年見かけた人リスト

頭の方の記録はMikakeru: 回顧:2003/01/31~2004/02/21、それ以降は右サイドバー。

再 中迫剛    
再 ターザン山本
再 島村幸男
再 俵有希子
初 綾小路きみまろ
初 ほしのあき
再 川原亜矢子
初 萩原流行
初 益岡徹     調
初 中村有沙    調
初 立川志の輔
再 工藤めぐみ
再 木村健吾
初 富澤一誠    調
初 大神いずみ
初 高田万由子
再 エンセン井上
再 大竹オサム
初 松井康真    調
初 野村真季    調
再 鮎川誠
初 ビビる大木
初 井上順
初 斉藤敏豪    調
再 きよ彦
初 三谷幸喜
初 氣志團
再 ピーコ

ミカケル件数 28件 
初 は初めて生でミカケた人 16件
再 は前にも見たことあるけどまたミカケた人 12件
調 は名前を知らない、またはうろおぼえだったので調べてわかった人 6件

こうならべてみると、40パーセント以上が 再マーク。

1月平均  2.333件 
1日平均  0.078件

綾小路きみまろも綾小路翔もミカケたという2004年でした。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.12.22

ミカケル:ピーコ

ピーコ見た。2004年12月22日15:30頃。青山の交差点。黒ずくめの衣装。
Googleで検索すると、ピーコに関しては目撃談がいっぱい出てる。

Google 検索: ピーコ 表参道<-こんな感じ。
Google 検索: ピーコ 表参道 黒ずくめ<-これでも53件。

なんだか。すごい。

アマゾンでひくときはちょっと工夫しないとだめかなだいたいピーコの物だけど。

芸能証券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミカケル:氣志團

渡邊久江、見に行きました。パンクラス後楽園大会2004・12・21。当日券で7000円かかりましたが、観戦できました。ラッキー。会場は満員でした。・・・観客席に氣志團がいました。通常のミカケルという状態と違って、自分だけでなくまわりのみなさんも気付いていました。が、一応、記事にしときます。氣志團のみなさんは全員、パンクラス(たぶんオフィシャル)のスポーツウェア上下を着てました。メンバーが誰々かがいまいちわかりませんでしたが、とりあえず、綾小路翔はわかりましたのでOKとしましょう。渡邊久江の試合結果は専門のサイトを見てください。

初女子戦、渡辺久江KO勝ち/パンクラス - nikkansports.com > バトルニュース
氣志團は久江のファンだったんだ。でも他の試合をメインイベントまで全部見てたのは、なんだかエライと思う。それにしても渡邊なんかな渡辺なんかな。

芸能証券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.19

ミカケル:三谷幸喜

見かけた。2004年12月18日(土)13:00頃 百軒店(ひゃっけんだな)の前の横断歩道。すいません。いつもの悪い癖(あるいは人間としてふつうの習性)で三谷幸喜とわかった瞬間に観察をやめてしまいました。ブレザーだったと思う。いつもテレビで見るのと同じ必要以上に平然とした顔でした。

百軒店は渋谷です。その辺からNHK方面にいけないこともないですが、どうでしょう。

Googleで「三谷幸喜 12月18日」と大雑把な検索をかけてみましたが、
@nifty:シアターフォーラム:三谷幸喜X戸田恵子 『なにわバタフライ』製作発表会見をみっけました。これかな?

上でブレザーだったと思うと書いたが上下で色不ぞろいのスーツだったかも。
追加:書籍「三谷幸喜のありふれた生活 」(↓のアマゾンのリスト参照)の表紙のファッションセンス!!!

芸能証券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.09

ミカケル:きよ彦

きものデザイナーのこの人ミカケました。青山のそば屋にて、2004年12月8日19:00台。
この人を見るのは3回目。その記録は1回目、2回目はMikakeru: 回顧:2003/01/31~2004/02/21
1回目はそば屋でセーター姿
2回目は往来でスーツ風な姿
今回も そば屋でセーター姿

ホームページはきよ彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.04

ミカケルの説明

ミカケルとは

サトラレ=悟られる能力
ミカケル=ミカケル能力

ということです。

自分は有名人、芸能人を街でよくミカケます。1ヶ月2人くらいかな。特殊能力だと思っております。よく言う、「顔覚えがいいんだけど、名前覚えが悪い」の10倍くらいパワーアップした形だとすると結構あってると思います。一般の人では、有名人、芸能人とすれちがっても気付かないことが多い。その部分が自分は気付くということだと思っています。ちなみにジロジロみながら歩いているわけでもありません。有名人、芸能人特有のオーラというのはあると思います。

事実、このココログにしてから、21人見てます。まだ一年たってません。右側サイドバー参照のこと。過去にさかのぼってみると200人レベル見ています。Mikakeru: ミカケル:200人うちわけ。見かけた人の中には、顔はわかるし、どんな感じの番組でみたかはわかるんだけど、名前がわからないという人も結構います。最近はインターネットでの検索が強力なので、その点はダイブ、カバーできるようになりました。

このホームページはそのことに特化したホームページです。特化したホームページなんですが、若干さみしいのでおまけで、「画像ゲット」をやっています。「画像ゲット」は自作の画像ゲッタの結果です。いろんなキーワード(といってもアイドル多し)で試しています。「画像ゲット」は、結局のところGoogleにたよってる部分は大きいです。

よろしく。

追加 20060430

 上の説明を書いたときと事情が変わってるところがあるので追加。

 キキワケルは声だけ聞いて誰だかあてるというもの。もとネタがテレビ番組やCMなので記事を読んだ人も確認できるところがいいところ。

 画像ゲットは今は、あまりやってない。気が向けばまた。

 上で「有名人、芸能人特有のオーラというのはあると思います」と書いてある。「オーラの泉」などないころの記事。自分の視界(+音場)にふっと入ったものに「なんだ、こいつ」と反応するとそれが有名人だったといった感じ。

 音場について。自分の後ろを歩いている人がどんな感じなのかを音で感じることができる。たとえ、その人自身が出す音(例えば足音)がなくても、まわりの音の変わり具合で拾える。視覚と合わせて重要な情報。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミカケル:斉藤敏豪

世界のヘイポーのこの人みました。2004年12月3日(金)19:30頃。表参道の交差点にて。背は小さかったですね。テレビでのアピールどおり。ロングコートを着てたと思います。
・・・・・・
・・・・・・
以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.16

ミカケル:井上順

2004年11月15日(月)23:30ごろ。渋谷の109の横の道のみずほ銀行の横、井上順を見ました。紫色のコートを着た女性が同伴でした。スーツ男性二人組が振り返っていたのも井上順と気付いたからでしょう。

井上順は割合と好きです。なぜそう思うかは「夜のヒットスタジオ」という番組の影響が大きいと思う。この番組は歌番組なんだけど、リラックスしてる雰囲気がよかった。司会は井上順と芳村真理で、スタジオで放送で、観客はなし。生放送。軽快なトークだったかどうかは以外に記憶にないが。オープニングで他の人の持ち歌をワンフレーズづつリレー形式で歌いながらその日の出演者を紹介していった。このコーナーは特に楽しみでした。ジュディーオングの歌うシーナアンドロケットとかキョンキョンの歌う五木ひろしとか。

井上順は9soulsに出てるということで。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.10.31

ミカケル:ビビる大木

2004年10月29日(土)女子プロレスNEOの北沢タウンホールに行った。ビビる大木が観客としていた。いっしょの芸人が他3人。誰々か判明したらまたレポート。各試合において応援の掛け声をかけていた。4人中2人が赤コーナー応援、2人が青コーナー応援みたいな感じだった。そんな感じに仲間内で打ち合わせていたのかも。会場の盛り上がりにヒトヤクかっていた。ビビる大木はリュックサックをカラダの前側にしょっていた。黒いフチのめがね。仲村由佳選手の「オーオーオー」とジャンボ鶴田の真似をする恒例のネタがあるが、そのときビビる大木がどんな反応するか、様子を伺ってしまった。ビビる大木も同じようなネタをやっているので。観察結果、「こういうのやってんのか」みたいな感じだったと思う。

芸能証券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

ミカケル:鮎川誠

WPCエキスポに行った。見学でいったが自分の会社のブースのまわりでウロウロしていた。そこを鮎川誠が通った。自分の会社のブースの展示員メンバーが二人いたので、「鮎川誠だよ、ほら」と教えてみたが、二人とも、鮎川誠を最初から知らなかった。有名人を見たときの瞬間をわかちあえなくて残念。そばの別のブースのタイムテーブルをみたら、トークイベントのところに鮎川誠の名前があった。
2004年10月22日(金)15:00頃

シーナアンドロケッツのコンサートは2回行ってる。ユーメイドリームが流行ったころ。出囃子というか頭一発の曲がバットマンのテーマだった。コンサートでのバンド編成がギターとドラムとベースとボーカルというシンプルなものだった。レコードで聞くテクノ音ありとは違って新鮮でした。
1回は多分これ
RokketSIZED BioGRAPHY
1980. 5. 7ファーストソロコンサート at 久保講堂
20年以上も前のことで・・・確か、最後のアンコールのところでシーナは涙してました。

SHEENA & THE ROKKETS' OFFICIAL WEB SITE a.k.a. RokketWEB

| | コメント (0) | トラックバック (1)